未分類

神戸神奈川アイクリニックでICL治療を行い視力が2.0まで戻った件について

更新日:

こんにちは、CHAです。

先日の話ですが、「神戸神奈川アイクリニック」という眼の専門クリニックで視力回復手術をしてきました。

眼に関しては中学のころから黒板が見えなくなってしまい、仕方なく中2当たりからずっとソフトコンタクトレンズをかけてきました。
そのため、コンタクト・眼鏡歴は10年以上を超え、眼鏡とコンタクトなしでは生きられないようになってしまいましたね。

もうすでにコンタクト生活は慣れていたので気にはしなかったものの

  • コンタクトを付けるのがめんどくさい
  • コンタクトが原因のアレルギーにかかったことがある
  • 旅行にいく際にわざわざ眼鏡とコンタクトを持っていくのがめんどくさい
  • コンタクト外した後に人に誘われても「もうコンタクトを外しちゃったし・・・」となるためフットワークが重くなる

と、コンタクト・眼鏡生活にややフラストレーションを感じていたので今回、視力回復手術に踏み切ることにしました。

ICLとは?

まず、ICL手術とは何ぞや?という部分ですが、ICL手術とはレーシックとは異なり「角膜を削らず視力を回復させる治療方法」です。

小さなレンズを目の中に入れ、近視、乱視を矯正する治療法となっており、角膜を削らないため不具合が起きた場合は手術で取り出すことができるためリスクが少ない治療法となってます。

動画を見ると非常にわかりやすいですね。
横から3ミリの穴をあけて(もちろん穴をあける前に点眼麻酔をするので全く痛くないです)特殊なレンズを注入します。

それに対して視力回復手術で有名なレーシックは角膜をモロに削るため、何度も行うと「これ以上削れない」ということもありえるわけで、レーシックの場合は不具合が起きた時に元に戻すのが難しいので多少なりともリスクがある治療法なんですね。

ICL手術の場合その部分のリスクがレーシックよりも少ないといわれています。

ただしICLはレーシックよりも高額で

  • レーシック→15~40万円前後
  • ICL→70万円前後

の治療費がかかります。

自分の場合は、乱視ありの人からの紹介だったので75万かかりました。
いや、高すぎだろ。

実際にICL手術を受けてみた

 

上記は、新宿アイランドタワー。
この中に神戸神奈川アイクリニックが入っている。

 

上記が神戸神奈川アイクリニックの入り口。
当然広い画ではなく自分で撮影したもの。

 

上記は神戸神奈川アイクリニックでレーシックやICLをした芸能人の紹介ですね。

  • 稲本潤一(サッカー)
  • 玉田圭司(サッカー)
  • KABAちゃん(芸能人)
  • あびる優(女優)
  • 中田敦彦(オリエンタルラジオ)
  • 寺田有希(女優)
  • 井上裕介(ノンスタイル)
  • 陣内智則(芸人)
  • 逢沢りな(女優)
  • ホリエモン
  • 宮迫博之(雨上がり)

など、結構な著名人が受けてたみたいですね。

自分の場合は新宿クリニックで診察をした。
まず最初に初回検診をして、目の状態を確認後手術可能であったらそこでカウンセリングの営業がうまいお姉さんと面談をする。

で、前金として25万円を支払った後に残りの50万円を治療の日に支払うという流れだった。

手術の3日前から処方された点眼液を付け始め、治療前日と当日の朝に錠剤の薬を飲むように指示が出されたのでその通りに処方しました。

手術当日

手術当日は、抗菌剤と洗眼液を5分ごとに交互に点眼し、手術まで待合室で待ちます。

その後、当日検査と眼に印をつける作業(目に点眼麻酔をして紫のペンで印をつける)が終わった後に白衣に着替えて治療に向かいます。

やはり目に医療用メスを入れるので、めちゃくちゃ怖かったですねw

手術中

手術中は

  • 点眼麻酔をし
  • 目を固定する器具(痛くない)で瞼が閉じないように固定し
  • 数十秒ごとに洗眼液を付けながら

手際よく治療してくれました。

あなたが一番気になるであろう「手術中の痛み」は完全皆無で、「チクリ」という痛みすら全くなかったのですが、目を押される感覚というか
何とも言えない「気持ち悪さ」があり、割と地獄でしたw

また、かなり強いライトで目を照らされるので、眩しすぎてあんまりよい気分じゃなかったです。

とりあえずこの手術は一生したくないくらい気持ちが悪かったですね。
親知らずの抜歯のほうが全然マシでした。

自分の記憶に間違いがなければ注射針のようなものが見え、それを目の白い部分にぶっさしてた気がしますが、それも記憶違いかもしれません。

手術時間は両目合わせて5~10分くらいでした。
手術自体は親知らずの抜歯よりも短いですね。

手術後

手術後は、ちょっとした休憩室が治療室の隣にあり、そこで30分休ませてもらい簡単な検診をしてから点眼薬を渡されその薬を寝るまでの間、1時間に1回ペースで点眼しました。

最初の1時間はボヤけてみえましたが、徐々にきれいな視界になっていくのを感じましたね。

手術後も特に目に痛みはなく、運動したりは流石にできませんが、Twitterみたり軽く動画見るくらいはできました。

ただ、手術当日は安静にしろといわれていたので、ひたすら安静にしてましたが。。。

手術後当日~夜

少しグロテスクな表現になりますが、眼球に「ドクドク」と血が流れている感覚があり少々気になりましたが痛みはありません。

「痛くて寝れない」「気になって寝れない」ということは一切なくスムーズに眠りにつくことができました。

また、当日は1時間ごとに3種類の目薬を付ける必要があります。

 

 

手術翌日

手術翌日の朝、目覚めると「あれ、コンタクト付けてる?」と感じるくらいはっきりと見えるようになりました。
痛みは全くないですが、ややドライアイ気味なのと目が充血していて炎症を起こしているのがはっきりわかりました。

手術翌日の健診では「順調だけどまだ炎症起こしているので、ちゃんと目薬を付けてね」といわれましたね。

翌日からは上記の目薬を1日4回点眼しています。

手術翌々日

翌々日はまだ目の充血はしているものの、視力ははっきり見え、力仕事や運動以外の日常生活は何でもしていいといわれました。

手術一週間後

手術一週間後になると、風呂も特に問題なく、筋トレのドクターストップも完全に解除されました。
相変わらず目薬を一日4回も点眼しなければいけないのが面倒ですが、その点以外は一切の不自由はないですね。

  • 治療前よりもややドライアイ気味になる
  • 時々、リングのようなものが見える(おそらく目の内部に入っているコンタクトの形状)

この2点以外が少し気になる点ではありますが、それ以外の点では一切不便がないですね。

個人的には金輪際メガネやコンタクトのことを気にする必要がなくなったというだけで大満足です。

視力も2.0まで戻ったため、遠くからでもブスなのか美女なのかすぐにスト値判定ができる鷹の目を持つことができました笑

また、手術一週間以降も新しい目薬を処方されて、1日4回点眼してくださいと言われました。

さて、実際にICLをやってみて1週間以上経過したので、個人的に感じたメリット、デメリットをまとめました。

ICLを受けたメリット・デメリット

ICLを受けて感じたメリットデメリットをまとめます。

メリット

  • コンタクト、メガネが今後不要になる
  • 毎月コンタクト(メガネ)に6000円/月、年間72000円、かかるのでおよそ10年でペイできる
  • リスクはほぼ0
  • たった手術がたった数分で終わる
  • メガネやコンタクト不要なのでフットワークが軽くなる
  • メガネユーザーの場合、スト値アップする
  • QOLが上がる

デメリット

  • 金額自体が高額
  • 手術後は1カ月間毎日4回目薬を差さなければいけないのでめんどくさい
  • 手術が少し苦痛(控えめにいって地獄の10分間だった)
  • ドライアイになりやすい
  • 時々、うっすらとリングが見える(ほとんど気にならないが)

メリットとデメリットを書き出してみたところ、意外なほどデメリットがなかったですね。
覚悟を決めてしまえば手術自体は5分程度でサクッと終わりますし、ネックになってくるのは金額くらいでしょうか?

70万円くらいかかるのでボーナス全部突っ込むくらいの勢いですね。

落合先生もICLでの治療を行ったそうです。

ここまでくれば、「リスクがあるから~」とか言ってられないですね。
予算を使えるのならとっととやってしまった方がいいです。

結論

手術をして1週間経ちましたが、「マジで受けてよかった!」っていうのが感想です。

これステマでも何でもなく本当に受けてよかったですね。今のところは。

まぁ10年後実は目に入れたコンタクトが腐ってしまった・・・みたいなことがありえるかもしれませんが、それは今の段階ではわかりません。
今、ICL治療をした結果では受けてよかったなって思います。

「め」は大事

もし、こういった治療をしようか悩んでる・・・という状態ならホリエモンの本でICLやレーシックについて語られているので読んでみるといいかもしれません。

-未分類

Copyright© ナンパを極めるCHAのナンパログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.