20代後半の特に取り柄がない普通の男性である自分がナンパを始めた結果どうなったのか書いていきたいと思います

20代後半都内在住の非モテがナンパを始めてみました

未分類

ストリートナンパと出会い系はどっちが効率よく女の子と出会えるのか?

投稿日:

こんにちは、CHAです。

ここ最近はタップルやtinderにガッツリはまっています笑

さて、今回はストリートナンパと出会い系(マッチングアプリ)の違いと、どちらが効率よく出会えるのか、あるいはどんなメリットデメリットがあるのか。

ストナンでは1500声掛け・50連れ出し以上、出会い系では数百マッチングした経験より自分なりの意見を書いていこうと思います。

ストナンと出会い系の違いとは?

わかりやすいように表にまとめて比較してみました。

  • ◎→良い
  • 〇→普通
  • △→良くない
  • ×→悪い
ストリートナンパ 出会い系 備考
コスト スト:無料
出会:3000円/月~
効率性 スト:顔次第
出会:アイコン次第
リスク スト:逮捕リスク
出会:稀に美人局リスク
面白さ スト:面白い
出会:つまらない
可愛い子と会える率 スト:可愛い子はガンシカ
出会:可愛い子は少ない
ハードル × スト:地蔵しがち
出会:家でポチポチするだけ
GET後の継続性 スト:関係が切れやすい
出会:比較的関係が続きやすい

 

上記がストリートナンパと出会い系の差となっています

カンタンに文章でまとめていきます。

【コスト面】ストナンは無料!タダ!0円!だが出会い系は・・・

ストリートナンパにかかるコストは0円。
主に電車賃のみ。連れ出しもコンビに連れ出しすれば費用は数百円。

凄い人だと(リスクは承知の上で。おすすめは絶対しません)ドトールに連れ出しで割り勘をして300円のみ。その後、満喫に連れ出し合計費用は1000~1500円で済ませるという人も多い。

ただし、個人的にこのやり方は逮捕リスクがあるのであんまりおすすめはしません。

それに対して出会い系を使ったネトナンは出会い系の維持費に3000円/月程度かかります。

タップル、ペアーズはおよそ3000円、Tinderだと1700円ですね。

更に、タップルの場合はカード制なのでより会おうとしたらその分だけお金がかかるので、最低でも月3000円はかかりますね。

私の場合はペアーズ、Tinder、タップルの3つに課金してるので月々8000円前後かかってます。

その分、アポはスタバやドトールにして連れ出し先は自宅にすることによって費用削減は十分できますが。

【効率性】ストナンはガンシカの嵐!一方出会い系はメッセージがめんどくさい!

また、効率面ですがストナンは「容姿による」としか言いようがないです。

例えば、顔面偏差値が低い場合、声掛けても90%無視されます。

それなりに清潔感を整えておしゃれにしてもブサイクは80%無視されます。

それに対してかなりのイケメンは渋谷のセンター街でナンパをしても30%くらいしか無視されません。

もし、これが地方都市だったら無視率10~20%くらいです。
統計を取ったわけではありませんが、周りの話を聞く限りそれくらいだと思います。

ストナンは顔やファッションや見た目の清潔感によって効率性が遥かに変わります。

とりあえず「脱非モテへ!見た目を改善(スト値UP)するために行った11個のこと」でも読んでちょっとでも見た目を改善していきましょう。

それに対してネトナンはいくらでも盛ることができるので、会うまではイケメンじゃなくてもたどり着けます。
メッセージのやりとりが面倒ですが、ブスがストナンでガンシカされて不毛な時間を過ごすよりははるかに効率がいいです。

例えストナンでも準即狙いのバンゲ(LINE交換)をしたらLINEのやり取りをしなければならないのでどちらにしてもメッセージのやり取りはあります。

出会い系のメッセージのやり取りならうまくやれば外注化も十分可能なので(外注化については色々試してサービス化しようと考えてるので興味ある人はお待ちください)効率面だと断然出会い系のほうがいいでしょう。

【リスク】ストナンは場所によってはリスクはある。出会い系もリスクは0ではない

ストナンは場所によってリスクが高いです。
例えば東京のターミナル駅近辺の繁華街。

新宿の歌舞伎町、渋谷の道玄坂、池袋のサンシャインシティ通り。
この辺でナンパやってる人は多いですが、運が悪いとキャッチに目を付けられて絡まれるリスクがあります。

夜の22時前ならともかく、深夜にこういったキャッチの多い繁華街だとトラブルに巻き込まれることが多いです。

また、歩いている女の子にしつこく声をかけるのは軽犯罪法違反に当たることもあり、平行トークしているだけで逮捕された事例もあります。

出会い系やマッチングアプリでも美人局リスクはありますが、ペアーズなどの婚活寄りアプリであればまぁ大丈夫です。

昔は多かったみたいですが、今はあんまり聞いたことないのでリスク面ではマッチングアプリのほうが安全ですね。

【面白さ】出会い系はつまらない。ストナンのほうが面白いとは思う

ストナンも出会い系も「出会いのツール」ですが、ストナンの場合は「アクティビティ性」が強いです。

誰かとコンビを組んでナンパをするのは一種の中毒性があり、非日常感を楽しむことができるのでストナンのほうが楽しいですね。

それに対して「出会い系」は本当にただのツールなのでただひたすらマッチングしてメッセージしてアポるだけです。

非常に機械的なのでつまらないですね。

【可愛い子と会える率】ストナンはガンシカされる。出会い系はマッチングが難しい

可愛い子と会える確率に関しては、どっちもどっちです。
ストナンは女の子を選び放題ですが、よほどイケメンじゃないと可愛い子からはガンシカ食らいますね。

また、それに対して出会い系はかわいい子とのマッチングが難しいです。
大半の女の子が「ここは動物園か?」ってくらいのゴリラが多いです(特にペアーズ)

ただ、ペアーズで300イイネ!以上を集めて上位層とマッチングすれば話は別。

ある程度、ネトナンを極めてブランディング出来れば結構かわいい子とマッチングできるんですよね。

実際、僕がタップルで会ったA級レベルの子はストナンじゃ絶対連れ出せないレベルでしたから。

ストナンだと、どうしても容姿次第でかわいい子からはガンシカを食らいまくるのを考えたら、かわいい子と会える率は同じくらいかとおもいます。

【ハードル】ストナンのほうが圧倒的に高い!それに対して出会い系はポチポチするだけ

ストリートナンパは声をかける際に圧倒的に「地蔵」をしてしまう可能性が高いです。
そこらへんに歩いている女の子に声をかけてこいと言われてできる人はほんの一握りじゃないでしょうか?

僕はナンパ始める前はそんなことできませんでしたね笑

それに対して出会い系・マッチングアプリは日曜日の午前中布団に入りながらスマホをポチポチするだけでアポまで辿りつけますし、アポさえとってしまえば後は流れに身を任せるだけです。

ストナンに比べてハードルは間違いなく低いですね。

【GET後の継続性】ストナンは継続しにくい、一方で出会い系は和めてさえいれば長期の関係になりやすい

ストリートナンパの場合は出会い方がチャラいため、女の子からしたら「一晩過ごす男としてはいいけど、長期の関係にはなりたくない」と思われがちです。

実際、ストナンはゴールまでたどり着いた後に音信不通になることが多いです(とはいえ、アフターケアの仕方次第でいくらでも回復できるのですが)

それに対してネトナンは「複数の女の子と遊びまくりたいから出会い系(マッチングアプリ)をする」という認識ではなく、出会いがない人がカジュアルに使うアプリと思われてます。

昔と違ってペアーズなどのアプリの認識がどんどん変わっているわけですね。

出会い系で出会った子は和みさえできれば関係性はストナンに比べて十分続きやすいですね。

 

まとめ

ストナンとネトナンの違いをまとめました。
出会い系を使ったネトナンは、ストリートに比べてハードルが低くゲット後も関係が続きやすいです。

気軽に始めるならネトナンがいいですね。非常に効率的ですしハードルも低いです。

ネトナンを始めてある程度場数を積んでから道行く女の子をゲットしたいと思い始めた時に、初めてストナンに手を出せばいいのではないかと思います。

The following two tabs change content below.
興味→仮想通貨/ブロガー/ナンパ/ビジネス/投資/投資信託/株/ミニマリスト 雑記ブロガーになりました。

-未分類

Copyright© 20代後半都内在住の非モテがナンパを始めてみました , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.